2019年4月期決算は、売上高10,302百万円(対前年同期比9.9%)、営業利益1,163百万円(△15.7%)経常利益1,179百万円(△6.9%)当期純利益821百万円(△5.9%)で着地。
トピックスとしては、プラットフォーム事業においてネクストエンジンのサービス総契約数が527社増の3,622 社、導入店舗数が4,154 店増の28,006店になるなど順調に推移し、39%の増収・32%の増益となった。
また、中長期戦略に基づく海外市場向けストック型ビジネスモデルの韓国市場向け「ネクストエンジン コリア」の展開、拡大する米国市場向けの戦略商材を投入し、Hamee USの売上が大幅増になるなど海外EC展開を加速させる。
中期経営ビジョンとして、新たにHameeの全事業のデータを活用したデータセントリックなビジネスモデルへの転換を発表。
2022年4月期のグループ売上高138億円、営業利益率16%以上を目標にHameeデータ・プラットフォーム(HDP)構築、グループシナジー最大化を目指し成長投資を拡大させる方針。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3134

業種

小売業

事業内容

プラットフォーム事業、コマース事業、グローバル事業

適時開示情報