2020年12月期 第2四半期決算は、売上高819百万円、営業利益103百万円、当期純利益66百万円で着地。

緊急事態宣言による企業活動への制約により、業績を下押しする影響があったものの、 継続したIT人材不足や新型コロナへの対応需要による新規会員獲得や既存顧客の取引規模拡大が進展し、 上期の売上高・利益ともに想定通りに進捗。

今後は専門性の高い特化型サービスの立上げによって、高付加価値化をさらに進めるとともに、
個人ごとに異なる専門性をそれぞれが伸ばし、有機的につなげることで、グループの総合力を高めていく方針。

 

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

4486

業種

情報・通信

事業内容

インソーシング事業、セキュリティ事業