2020年12月期 第1四半期決算は、売上高412 百万円、営業利益63百万円、当期純利益41百万円で着地。

IT人材不足を背景に会員企業の獲得が進んだことにより、売上・利益共に想定通りに進捗。

インソーシング事業は、IT人材不足を背景に前年に引き続き成長企業からの引き合いが増加。シェアード社員の高稼働率の維持と単価上昇等により、想定通りの進捗となった。

セキュリティ事業においても、クレジットカード業界の情報セキュリティ基準PCI DSSの認証取得業務を中心に想定通りの進捗。

今後も経営基盤強化のため、社員の待遇改善や採用強化、システム等のインフラ整備関連を積極的に行っていく方針。

 

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

4486

業種

情報・通信

事業内容

インソーシング事業、セキュリティ事業

適時開示情報