2022年2月期決算は、売上高1,801百万円、営業利益201百万円、営業費用1,600百万円、営業利益201百万円、EBITDA236百万円で着地。組織コンサルティング事業の好調が主な要因となり、売上高及び営業利益ともにグループ全社の予算を超える進捗。

組織コンサルティングは事業、1Qに増加した講師の収益化によって、売上高及びセグメント利益が第1四半期から増加。スポーツエンタテインメント事業は、スポンサー受注が9,397万円(前年同期比+75.8%)と前期から大幅に増加し、売上高が前年同期比で増加。

今後は、組織コンサルティング事業の確固たる地位確立と、事業領域の拡大を進めることで成長を加速させる。詳細を、安藤社長自らが語る。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

7049

業種

サービス業

事業内容

組織マネジメント理論「識学」を使ったコンサルティングサービス展開。講師養成、研修も。

RELATED MOVIES