2020年12月期 第2四半期決算は、売上高99.7億円、営業利益1.7億円、当期純利益0.0億円で着地。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、区分販売の低進捗、海外投資家向け販売の停止などにより減益となったものの、 1棟販売計画の順調な進捗や土地売却により、前年同期比で2ケタ増収・黒字となった。

今後は、新型コロナ蔓延時においてもワンルームマンション投資の需要は底堅いため、レジデンスへ経営資源を集中させ成長加速を図る。

 

上場市場

東証一部

銘柄コード

3486

業種

不動産業

事業内容

東京23区の駅近に投資用マンションの企画・開発・販売・管理。