2020年12月期 第1四半期決算は、売上高47.8億円、営業利益▲0.5 億円、当期純利益▲0.8 億円で着地。

海外投資家向け販売戦略の転換・旺盛な中古需要による売上ミックスの大幅な変化により、 一時的に赤字を計上するものの、前年同期ベースで販売戸数増を達成し、想定通りの2ケタ増収となった。

そのほか、新型コロナウイルス感染症拡大による影響や、通期の業績予想について金社長自らが語る。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3486

業種

不動産業

事業内容

東京23区の駅近に投資用マンションの企画・開発・販売・管理。

適時開示情報