2020年9月期 通期決算は、売上高6,836百万円、営業利益214百万円、経常利益241百万円、当期純利益▲1,602百万円で着地。8月発表の業績下方修正を営業利益で+19.5%、経常利益で+16.1%上回る形で着地。

中核事業であるリユース事業は、コロナ禍の外出自粛による所謂「巣ごもり需要」により、 買取・販売共に創業来の過去最高の売上、利益を計上。

小型家電リサイクル事業も大幅増収、増益となり、収益の柱へと成⻑。

今期は、国内2事業において、コロナ禍による巣ごもり需要背景とした市場環境の変化を好機と捉え積極的なマーケティング動とパシティの向上を前提に売上高の二桁成⻑を見込む。


上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

3556

業種

小売業

事業内容

ネットリユース事業・ネットリサイクル事業・第三の柱としてフィンテック金融事業に参入

RELATED MOVIES