2019年9月期第1四半期決算は、売上高2,147百万円(前年同期比221.7%)、経常利益101百万円(対前年同期差(金額)+200百万円)で着地。売上・利益ともに、カンボジア事業の伸長がけん引し、前年同期比から大幅な増収益を記録。カンボジア事業好調の要因としては、金融ビジネス等の参入による単価増が挙げられる。2019年9月期の連結業績計画は、前年決算発表時の通り、売上高70億円(前年比155%)、経常利益4億円(同824%)と、カンボジア事業のさらなる伸長を見込み、収益の大幅な拡大を計画している。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

3556

業種

小売業

事業内容

ネットリユース事業・ネットリサイクル事業・第三の柱としてフィンテック金融事業に参入

適時開示情報

RELATED MOVIES