2022年3月期通期決算は、売上高4,939百万円、営業利益111百万円、経常利益109百万円、当期純利益81百万円で着地。売上高は3Q以降に中堅企業のデジタルマーケティング需要を獲得することで概ね順調に推移し、 営業利益はマーケティング、営業、カスタマーサクセスの各領域のオンライン最適化や人員配置の適正化を行うことで達成率222.6%にて着地した。

来期は売上高は5,250百万円(当期比6.3%増)、営業利益は158百万円(当期比42.3%増)、経常利益は154百万円(当期比41.2%増)、当期純利益は104百万円(当期比26.8%増)を計画。

今後の成長戦略として、①顧客獲得チャネルのオンライン化、②ブランディングバンクの強化による顧客1社あたりのタスク数拡大、③提携パートナー強化、④組織内部の強化(DX推進/フロント人材育成)、⑤中小・中堅企業のデジタルシフトニーズ対応の5つを中心に行なっていく。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

7067

業種

サービス業

事業内容

中小企業のブランディング、情報提供サービス、広告業、デジタルマーケティング