2022年8月期第2四半期決算は、売上高556百万円、営業利益▲61百万円、経常利益▲71百万円、当期純利益▲1,327百万円で着地。前年同期は消費者還元事業のスポット売上を含むため、前年同期比の売上高は減少。

キャッシュレスサービスの決済額は堅調に推移。当四半期の決済額は堅調に推移しているが、前年同期に経済産業省の消費者還元事業に係るスポット売上が一時的に増加したため、前年同期比では売上高が減少。決済額の更なる増加に向け、メーカーの販促費をエンドユーザーと顧客に還元する新たな
販促サービス「チャージバック」を開発し、実証実験が成功。メッセージングサービスは中期的な顧客数増加に注力。営業組織の効率化に向けてインサイドセールスを導入したが、対応業務が広範囲にわたっていたため、定型業務の一部をアウトソーシングすることでさらに効率化。

成長戦略として、統合による経営資源の集中・業務効率化により収益性を高める。独自Payの国内トップシェアのポジションを生かした事業展開により収益拡大し売上高70億円、EBITDA15億円を目指す方針。

 

上場市場

グロース市場

銘柄コード

4015

業種

情報・通信業

事業内容

キャッシュレスサービス、メッセージングサービス、データセキュリティサービスなどを手掛ける。