2022年11月期第3四半期は、売上高804百万円、経常利益123百万円で着地。新型コロナウイルス感染症の影響で低調となった前年同期に対して、当期は経営環境が徐々に正常化し、業績は安定的に推移。当第3四半期までの累計成約件数は14件に留まるものの、大型案件の成約を受けて平均報酬単価が57百万円に上昇し、増収増益の着地。上場にともなう知名度・信用力の向上により、オリジネーション拡大を背景に、新規受託は引き続き好調を継続。

またトピックスとして、2022年6月1日リリースした、表明保証保険の提供開始。表明保証違反によって譲受企業に損害が生じた場合には、所定の損失分が保険適用され、 あいおいニッセイ同和損保から譲受企業に一定額までの保険金が支払われる。今後も、後継者問題を背景に中小企業の統合・再編促進が不可欠となっており、ますます活発化するM&A市場を背景に当社の理念・ビジョン・行動原理の集積である「ONDECK WAY」に基づく徹底的なクオリティの 追求が、紹介・利益・人財の増加を導き、中長期的かつ堅実な成長の好循環を生み出していく。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

7360

業種

サービス業

事業内容

中小企業を中心にM&Aに関する仲介やアドバイザリー業務を手掛ける。