2021年12月期通期は、売上高179億円、税前利益50億円、当期純利益34億円で着地。2020年コロナ禍において積極的に取得したバルク8物件のうち、取得価格の小さい3物件(総投資額の約2割)を売却。売却価格合計は取 得価格合計の倍近くであり、継続保有している5物件(総投資額の約8 割)には、かなりの潜在的利益が期待される。不動産売買市場が底堅く推移する中、将来の経営基盤となる販売用 不動産を420億円(前期末比+12.4%)まで積み上げた。2021年12月末には大型物件の購入を実現し、さらに2022年12月期 1Qに取得予定物件の契約も締結した。

今後は中期経営計画として、コーポレートファンディング事業を経営基盤とし、 AM事業とクラウドファンディング事業の規模拡大による 企業価値向上を目指す。

上場市場

プライム市場

銘柄コード

3482

業種

不動産業

事業内容

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。