2019年10月期第3四半期決算発表は、売上高16,287百万円、営業利益1,145百万円、経常利益1,053百万円、当期純利益718百万円で着地。
販売需要に応えるため、前倒しで販売物件の確保に努めた結果、販売戸数が増加し、予想を上回る売上となった。
また、今後は経営環境に応じて売上のバランスを構築し、安定的な業容の拡大を図り時価総額1,000億円を目指す。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3475

業種

不動産業

事業内容

マンションの企画、開発、分譲/マンションの建物管理、賃貸管理/不動産に関するコンサルティング業/損害保険代理店業