2022年9月期 第1四半期決算は売上高143百万円(進捗率25.2%)、営業利益5百万円、EBITDA25百万円(進捗率30.5%)、経常利益3百万円、当期純利益2百万円で着地。

第1四半期の業績は、積極的な投資により通期目標である粗利2倍の達成に向かって順調に推移。また、約25百万円のEBITDAを確保し、キャッシュフロー安定化を図った。

第2四半期の方針として、フィンテック事業においては①ギフトスタンド新規登録300社(無料含む)、自社商品ギフト(ゴールドプラン)の強化、②サブスク収益転換(収益按分計上)しつつも、1Q同等以上の粗利額を志向、GAFAメディア事業においては③Q2中での20メディア達成。収益性の高いメディア群を目指し育成フェーズに移行、コーポレートにおいては④販管費(共通費)の四半期当たり支出70百万円の維持により、筋肉質な経営を継続の4つが挙げられる。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

3691

業種

情報・通信業

事業内容

フィンテック事業、GAFAメディア事業