2022年9月期 第3四半期決算、第3四半期累計にて売上高462百万円(進捗率81.6%)、営業利益5百万円、EBITDA69百万円(進捗率85.3%)で着地。来期成長を見越し、IFRS費用等積極的な投資を実施したことによる本部の一時費用が重なり、第3四半期としては営業赤字ではあるものの、累計ベースでは前年対比で成長を継続。通期目標である粗利2倍の達成に向かって順調に推移、キャッシュフローも安定化。

各事業別では、フィンテック事業が9四半期連続の成長を達成し、第4四半期についても成長の見込みであるなど、高い成長率と粗利率を維持。GAFAメディア事業から創出されるキャッシュフローを効果的に全社として活用しているが、足元では、GAFAメディア事業のKPIコントロールに課題があることから、新たなセグメント名にすることも視野に入れつつ、よりコントローラブルな事業への置き換えも模索。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

3691

業種

情報・通信業

事業内容

フィンテック事業、GAFAメディア事業