2022年12月期第2四半期決算は、売上高762百万円(前年同期比119.70%)、営業利益20百万円(前年同期比24.38%)、経常利益17百万円(前年同期比21.89%)、純利益10百万(前年同期比4.78%)で着地。

四半期ベースで過去最高の売上を実現し、 売上高は1Qに続きメッセージング売上(海外)が好調により増収基調を維持。
営業利益・経常利益においては、 積極的な先行投資により減益となるも、3Q以降に投資効果が表れてくる見込みとなっている。純利益は FY2021.2Qの事業譲渡による特別利益を除き、営業利益と同様の推移。

主なトピックスとしては、①「絶対リーチ!SMS 一斉連絡・安否確認」提供開始、②日立製作所が推進する「Lumada アライアンスプログラム」参加決定、③AI チャットボットサービス「QA ロボット」提供開始、④ウーマンズリーダーシップインスティテュートとの共同プロジェクト始動があげられる。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

4476

業種

情報・通信

事業内容

SMSメッセージサービス、ビジネスチャットサービスなどの開発・提供。