2021年12月期 第2四半期決算は、売上高1,271百万円(前年同期比142.6%)、営業利益174百万円(前年同期比300.4%)、経常利益171百万円(前年同期比298.0%)、純利益283百万(前年同期比729.6%)で着地。売上、利益とも前期比大幅増となった。ビジネスチャット事業の譲渡益を2Qで計上。

トピックスとして、AIで自社サービスの拡張および、お客様との取り組み推進の両輪を強化。社内×社外支援の両面から、AIサービス化を推進する。 また、6月にリリースした戦略人事支援クラウド提供型サービス「HYOUMAN BOX」は、人事系コンサル企業を中心に販売パートナーを拡大している。 今後は、ビジネス部門に特化したメンバーの『タスク×モチベーション可視化』を実現するクラウド提供型サービスの提供や、CVC設立により関連領域へのM&A・投資を加速させるなど、更なる成長を目指す。

 

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

4476

業種

情報・通信

事業内容

SMSメッセージサービス、ビジネスチャットサービスなどの開発・提供。