東京通信の投資事業では、インターネット企業を中心に有望投資先をソーシングし、投資実行を展開。新たに、basepartners2号投資事業有限責任組合を立ち上げ、ファンド規模を拡大。今後は内部ノウハウの最大活用及び成長資金ニーズから、シードのみならずグロースキャピタル投資も検討。スタートアップへの新たな資金供給方法としてメザニン投資を模索。投資事業の事業セグメントとしての確立を目指す方針。M&A戦略についてはインターネットマーケティングの知見を活かせる事業へ積極的に投資。今後の展望を取締役の村野が語る。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

7359

業種

サービス業

事業内容

スマホアプリの開発・運用のほか、電話相談等のプラットフォーム事業。広告と課金が主な収益源。