東京通信のプラットフォーム事業は電話占い「カリス」を展開しこれまで培ったノウハウでスキルシェア市場に参入、恋愛相談サービスをメインに新規展開を予定。シェアリングエコノミーの市場規模2.1兆円のうち、2,425億円がスキルシェア市場であり、東京通信が展開する電話占いの市場規模は212億円、また、特定分野にて質の高いスキルを提供できる人材を集めたプラットフォームを開発していく方針 。電話占い「カリス」のノウハウを転用し、親和性のある恋愛相談サービスの展開を検討。今後の展望をティファレト 代表取締役社長の福島が語る。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

7359

業種

サービス業

事業内容

スマホアプリの開発・運用のほか、電話相談等のプラットフォーム事業。広告と課金が主な収益源。