2019年3月期第3四半期決算は、連結売上高63,085百万円(前年同期比7.8%増)連結営業利益1,616百万円(同14%増)四半期純利益988百万円(同10.6%増)と全てのセグメントにおいて増収を記録。人材関連事業において、 グローバルITエンジニア、RPAなど幅広い分野で契約数が好調に推移。利益面では、特に介護セグメントにおいて増収や適正人員配置の取り組みなどにより増益を達成した。通期業績見通しに関しては、第4四半期に予定している費用や外部環境の不透明さを鑑みて、2018年5月15日発表から据え置きとなっている。

上場市場

東証ジャスダック

銘柄コード

2415

業種

サービス業

事業内容

グループ全体の戦略的意思決定/子会社の管理および経営指導/事務管理受託業務