2019年6月期第1四半期決算は、売上高1,029百万円(前年同期比105.9%)、営業収益30百万円(前年同期比+25百万円)、経常利益22百万円(同+21百万円)、四半期純利益15百万円(+15百万円)で着地。全項目概ね想定通りの進捗。初期売上は新規メンバーの教育、来期以降収益案件の開拓などの「種蒔き」に営業リソースを割いているため、前期比で減少しているが計画通りとなっている。ハウスプリペイド事業の状況(取扱高)は引き続き好調を維持しており、導入店舗等も右肩上がりで伸長。国内のキャッシュレス化の波に乗るべく、今期は投資フェースととらえており、主にシステム・人材などに積極投資を行うことを明確にしている。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

3960

業種

情報・通信

事業内容

サーバー管理型プリペイドカードシステム「バリューカードASPサービス」の提供による、企業のブランディング、プロモーション支援事業

適時開示情報