2018年9月期第3四半期決算は、
売上高107.4億円(前年同期比31%増)
営業利益5.61億円(同▲4.6%)
経常利益5.96億円(同0.7%増)
当期純利益3.26億円(同▲15.2%)
売上高に関しては、好調なIT関連投資需要を背景に、プロパー・エンジニアの稼働率及びビジネスパートナーの稼働率も順調に推移。高収益案件獲得等の収益構造改革も貢献。株主配当については、年間配当50円(配当性向45.4%)を予定している。グループの規模拡大を目指すため、新会社設立やM&Aも積極的に行っており、中期ターゲット達成に向けて今後もIoT/IoE分野で新たな利益創出モデルを確立し続ける。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3918

業種

情報・通信業

事業内容

エンベデッドソリューション、ビジュネスソリューション、IoT/IoEソリューション

適時開示情報