2019年9月期第2四半期決算は、売上高4,245百万円、営業利益278百万円、経常利益274百万円、当期純利益138百万円となった。 既存事業の好業績に加え、売上高はM&Aの寄与により前期を大幅に上回る実績となった。 今後も車車間通信を可能にする「V2X」やコミュニケーションツール「A-ya」 、サイバーセキュリティ製品「AppGuard」など、引き続き「安心・安全・豊かな社会」の実現と、次世代技術の創出に向けた研究開発にも注力していく方針。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3918

業種

情報・通信

事業内容

エンベデッドソリューション、ビジュネスソリューション、IoT/IoEソリューション

適時開示情報