2020年9月期第1四半期決算は、既存事業の好業績に加え、M&Aの寄与により、引き続き企業規模の拡大を実行したことで、引き続き前期を上回る業績で着地。
今後の成長戦略として、信頼性の高いソフトウェア技術の提供による安定収益基盤の構築、自動走行・自動運転・Connected Car」、「AI」、「位置情報」、「画像認識」などのIoTソリューションの提供、「M&A戦略」によるグループの規模拡大と事業ポートフォリオの充実の3点を中心に、さらなる事業拡大を図る。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3918

業種

情報・通信

事業内容

エンベデッドソリューション、ビジュネスソリューション、IoT/IoEソリューション

適時開示情報