2019年3月期決算は、売上高1,704百万円(前期比+11.9%)、同四半期の累計売上高において10連続で増収中。営業利益372百万円(前期比+6.7%)と、4期連続増益中。当期純利益は、第4四半期に製品戦略を見直したことにより、 ソフトウェア資産の一部を減損処理し、特別損失162百万円を計上。今後の成長戦略として得意分野への集中が必要だと判断し、新たな開発方針「メッセージ配信 最適化ソリューション」を掲げ、引き続き増収増益を目指す。

上場市場

東証一部

銘柄コード

2352

業種

情報・通信

事業内容

CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売/ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発/メールコンテンツ・ウェブコンテンツの企画・制作