2020年3月期 第3四半期決算は、売上高1,876百万円(前期比+10.1 %)、営業利益463百万円(+19.9%)で着地。

売上高は11期連続増収、営業利益は5期連続増益、過去最高益を更新。

セグメント別では、クラウドサービス事業の売上高は11期連続増加(前期比+18.3%)、コンサルティング事業は、前年度までの急成長傾向から特定の大型継続案件の顧客都合による契約一時中断やインバウンド需要の不調、コロナの影響も重なり減速となった。

EC事業は、前年のGW10連休・天候不良・消費増税の影響に加え、第4Qにはコロナの影響により2020春夏物の新作の入荷が遅れ機会損失が発生、計画未達となったが、新年度足元では回復を見込む。

 

上場市場

東証一部

銘柄コード

2352

業種

情報・通信

事業内容

CRMアプリケーションソフト「WEBCAS」シリーズの開発・販売/ウェブサイトおよび企業業務システムの受託開発/メールコンテンツ・ウェブコンテンツの企画・制作