2019年3月期第1四半期決算は、売上高13.8億円(前年同期比112.2%)営業利益2.59億円(同139.1%)経常利益3.35億円(同185.6%)当期純利益1.96億円(同193.4%)と売上・利益ともに大幅な増収益を報告。セグメント別でみると海外通信事業は、売上高3.96億円(前年同期比107.9%)、営業利益1.31億円(同105.3%)。国内通信事業は、売上高6.83億円(前年比107.9%)、営業利益74百万円(前年比155.4%)と通信事業が好調。フィリピン国内通信事業に関しては、売上高55百万円(前年同期比575.1%)、営業利益▲7百万円(前年比155.4%)と、前期の先行投資により売上高が急拡大している。同社がビジネスを展開するフィリピンは依然として高水準な経済成長率が維持されており今後も同社の成長が期待できる。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

4390

業種

情報・通信

事業内容

情報通信事業/人材育成・派遣・紹介事業/メディア・イベント企画事業