2022年3月期第2四半期は、売上高187.4億円、営業利益68.9億円、経常利益68.8億円、四半期純利益48.2億円で着地。
営業利益は前期比24.3億円増、計画比16.1億円増。会計基準変更の影響を除く売上高前期比は実質31.5%増。

ヘルスケア事業で社会経済の要請に応えた新たな健康支援サービス展開に注力。期初想定以上の成果となり、連結全体の利益押し上げに貢献。

2022年3月期業績予想は、会員のサービス利用の回復状況や新型コロナワクチン接種の実施状況等、動向次第で業績に影響を及ぼす変動要素があることから、通期業績予想は当初計画を据え置き。

上場市場

東証一部

銘柄コード

2412

業種

サービス業

事業内容

福利厚生代行サービス。官公庁や企業への健康サポート事業