2022年3月期第1四半期決算は、3,493百万円、売上高1,696百万円、営業利益144百万円で着地。対前年同期比で増収増益基調を堅持。コロナ禍においても、ビジネス基盤の着実な強化が進む。

また、音楽・動画配信等のホームエンタテインメントのニーズは継続基調であり、リアルライブへの渇望等アフターコロナのエンタメサービスへの期待も含め、2022年3期通期の見通しではトータルの業績面はプラスを想定。

四半期毎の進捗見通しでは上半期はコロナ禍の影響を見込み、下半期偏重の計画。1Qはほぼ想定通りの着地となった。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

7094

業種

サービス業

事業内容

音楽の著作権管理と利用促進を目的とした様々なサービスを展開