2019年3月期決算は、売上高141.6億円(+1.6%)、営業利益10.1億円(△18.2%)、経常利益8.2億円(△21.9%)、当期純利益6.4億円(△10.0%)で着地。
2020年3月期は売上高は前期比13%増の160億円、営業利益は前期比28.5%増の10.5億円に拡大を見込み、2期ぶりに過去最高益を更新する見通し。
トピックとしては城南3区(世田谷区・目黒区・渋谷区)で新築RC一棟マンションの竣工棟数第一位を獲得。
今後は、業界初となるAIを活用した相続・贈与シミュレーター 「資産まもる君」、一口250万円の小口化商品 「GrandFunding」のサービスを展開し、相続市場への展開を進める。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

3489

業種

不動産業

事業内容

不動産投資用の新築一棟マンションおよび中古一棟ビルリノベーションを「世田谷区」「目黒区」「渋谷区」を中心として顧客に販売する不動産投資事業と不動産オーナーが所有する不動産の管理運営

適時開示情報