2020年10月期 第1四半期決算発表は、売上高9,826百万円、営業損失△292百万円、経常損失△314百万円、当期純損失△229百万円で着地。

高水準の入居率維持により賃貸関連売上高が伸長。売上高は前年比2ケタ成長で着地となった。

セグメント別では、不動産賃貸管理事業は物件管理戸数の増加に加え、メンテナンス関連売上も好調。高齢者住宅事業は、グランメゾン迎賓館大津大将軍が計画以上の稼働率で好調。また、営業力強化や損益改善施策により大幅な増益となった。

中期経営計画は、初年度・2年目ともに、売上高・利益いずれの項目も超過達成となり、最終年度についても当初目標を上回る業績を見込む。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3480

業種

不動産業

事業内容

不動産賃貸管理事業/高齢者住宅事業/その他