2019年3月期第1四半期決算は、
売上高8.16億円(前年同期比比111.2%)
営業利益86百万円(同299%)
経常利益91百万円(同244.4%)
当期純利益51百万円(同392%)と大幅な増益で着地。
セグメント別でみるとグローバル事業が売上高5.25億円(前年同期比111.9%)営業利益54百万円(同98.4%)。グループの全体成長に向けた積極的な投資を実施し、セグメント利益は計画を上回り着地。メディカル事業においては売上高3.03億円(前年同期比110.5%)営業利益1.12億円(同157.1%)。こちらはストック型の高収益モデルの確立が伸長に大きく貢献。また、2019年3月期第2四半期における連結業績予想の上方修正も発表。特に当期純利益に関しては69百万(前回予想)→99百万(今回予想)と143.9%の上方修正を行った。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3937

業種

情報・通信

事業内容

グローバル事業
メディカル事業
エンタープライズ ソリューション事業