2023年3月期 第1四半期決算は、売上高3,575百万円、営業利益 528百万円、当期純利益338百万円で着地。
売上高前期比+966百万円(+37.1%)、営業利益は前期比▲35百万円(▲6.2%)、当期純利益は前期比▲21百万円 (▲5.9%)。年計画に対して売上高23%、営業利益34%の 進捗で順調な1Q決算となった。
経営指標としては、経常利益率14.3%で良好な利益水準で着地(22/3期通期12.8% 21/3期通期7.8% )。2023/3期 連結業績予想では人員増強による採用・教育、および広告コスト等が見込まれるが売上総利益率の高い収益物件等を継続して仕入・販売を行い売上高150億円に対して 22/3期と同等の利益水準である 経常利益率10%超堅持し、5/12に開示済の内容を据え置き。
トピックスとして、富裕層向け収益用不動産事業強化。富裕層顧客からの需要が高い収益用不動産を順調に提供。
新たな取組みとして、アートやペットサービスを代理店委託契約、お客様にとって唯一無二の「家」だけでなく付随する価値ある唯一無二の「モノ」についても目線を拡げて提供していく。
中期経営計画として、2025年当社事業目標、売上高 300億円、 利益拡大を目指す。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

2981

業種

不動産業

事業内容

富裕層顧客を中心とした不動産売買のマッチングサービスなどを手掛ける。