2022年3月期 通期決算は、売上高3,041百万円、営業利益367百万円、経常利益370百万円、親会社株主利益253百万円で着地。

連結売上高は前期比+41.4%、主力事業であるOfferBoxの売上高成長率は前期比+49.6%と高い成長性を維持。 来期以降の持続的な成長に向けた投資をしつつ、売上高の増加によって増益となった。

2023年3月期 業績見通しとして、連結売上高は前期比+43.5%、うちOfferBox事業は前期比+42.6%の成長。 2本目の事業の柱を創出するべく新規事業に積極的に投資していくため、各段階利益は赤字となる見込み。 連結売上高は、年平均47.3%での高成長を持続。連結営業利益率は、2025年3月期で20.3%を目指す。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

4177

業種

情報・通信業

事業内容

新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」の運営を手掛ける。