2019年3月期第1四半期決算は、営業収益25.4億円(前年同期比115.1%)本業に係る利益6.61億円(同146.5%)と前年から大きな伸長を見せており、通期業績予想に対しても順調に進捗している。事業ごとに見ると、クレジット事業においては、1Qの取扱高が314億円(前年同期比118%)と1Qベースで初の300億円を突破するなど好調。また、ワランティ事業においても1Q取扱高が7.4億円(前年同期比123.7%)と創業以来2桁成長を続けている。いずれの事業も営業力強化とMULTI ACTIVEの浸透が好調の要因となっており、こちらの2事業に加え新たな新規事業の推進によって更なる売上拡大を目指す。また、今期の配当性向は38.4%を予想している。

上場市場

東証二部

銘柄コード

7199

業種

その他金融業

事業内容

株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等

適時開示情報