2019年3月期第2四半期決算は、営業収益5,183百万円(前年同期比116.7%)本業に係る利益1,233百万円(同141.2%)となっており、通期業績は予想通りの着地見込みとなっている。事業ごとに見ると、クレジット事業においては、営業人員増加と営業効率の向上により、2Q累計クレジット取扱高は642億円(前年同期比120.7%)と順調に増加している。。また、ワランティ事業においても、2Qワランティ取扱高は14.4億円(同118.6%)と好調。自社ブランド商品の取扱いも大きく伸長(同169.9%)している。今後は「M&A」「提携」「自社開発」の3領域に注力するとしており、既にソフトプランナー社のM&Aを発表している。同社買収の意図等も動画内で語られている。

上場市場

東証二部

銘柄コード

7199

業種

その他金融業

事業内容

株式等の保有を通じた企業グループの統括・運営等