2021年3月期 通期決算は、売上高6,500百万円、営業利益34百万円、経常利益21百万円、当期純利益168百万円と減収増益で着地。経営統合によるグループシナジー効果を享受できたことや 新規プロダクトの販売が堅調に推移したことから、通期累計実績の営業利益は計画以上の実績で着地。

また、売上高の前年からの減少は、20223月期より会計基準の変更を行ったことによるものであり、純利益の減少 は、前期は広告ソリューション事業の終了に伴う一過性の特別利益が146百万円あったことによるものであり、 今期もキャッシュフローをプラスで維持しながら、増収増益を目指す。

さらに、将来の更なる業績拡大に向けて、引き続き事業利益を原資に積極的に投資していく方針。

上場市場

東証ジャスダック

銘柄コード

3390

業種

卸売業

事業内容

個人、法人向け携帯販売や、モバイルPOS、外食向けシステム開発を展開