全国に2,689社の加盟店ネットワークを持ち、“お困りごと”を抱えるユーザーと加盟店とのマッチングサービスの提供しているシェアリングテクノロジー(3989)は問い合わせしたユーザーとそのユーザーの一番近くにいる加盟店とを同社のオペレーターがマッチングする 「ライフサービス版Uber」のような新システムの構築を発表した。
これにより、今までユーザーと加盟店が直接契約し、加盟店がユーザーにサービス提供がおこなった場合に、マッチング手数料が支払われるビジネススキームが変わり、ユーザーにとっては対応スピードUPといった利便性が高まるとともに、成約率の向上が予想される。また今後、同社は今まで積極的に展開していなかった電池交換や家具組立といった低価格サービスを利用したいユーザーと対応できる加盟店のマッチングの提供やBtoCビジネスを展開している企業向けのサービスなど新しい収益モデル展開も期待される。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

3989

業種

情報・通信

事業内容

日本最大級のライフサービスプラットフォーム「SHARING PLACE」を運営

適時開示情報