2018年7月26日に新規上場した同社は、「自動運転時代のソフトウェア開発に不可欠な“技術参謀”」として、自動車を筆頭に、第4次産業革命で急増している組込みソフトウェア開発の課題を解決する新しいスタイルのコンサルティングファーム企業。『問題発見 ⇒ 提案 ⇒ 問題解決&実践』のワンストップで解決する競合皆無のオンリーワンビジネスを展開。また、経営においては、継続的に高い売上総利益率を出しており今後も収益拡大を見込んでいる。同社の特長・強み、今後の成長戦略を渡辺社長自らが語る。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

4394

業種

情報・通信

事業内容

システムおよびソフトウェアに対するテクニカルコンサルティングおよびエデュケーションサービス

適時開示情報