2019年9月期決算は、連結売上高6,636百万円(+13.2%)、営業利益679百万円(+65.4%)、経常利益672百万円(+58.7%)、当期純利益327百万円(+46.1%)で着地。
既存事業は堅調&着実に成⻑。インキュベーションで得た収益を事業投資に投下し、継続的な成⻑にコミット。
また、これまでのオークション比較の会社やeコマースを経て、「流通を最適化する企業」として事業モデルを定義し、再始動。
「在庫管理ソリューション事業」、「商品流通プラットフォーム事業」の2軸において在庫に悩む企業の「主治医」として診断、治療、予防を行うことで在庫価値の可視化/最適化や滞留商品の流通を促す。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

3674

業種

情報・通信業

事業内容

総合提案型サービス