2022年3月期 第2四半期決算は、前年同期比で+0.9%の増収、▲64.3%の減益 売上が想定よりも伸びず、人材面での先行投資により利益を下押し。

個人向けは、新型コロナウイルス感染症による一時的な需要増の反動で、前年同期比で微減。 法人・教育機関向けは、法人顧客からの需要増で取引社数、一社あたり売上高が共に増加し前年同期比+7.1%の増収。

業績拡大に向けた打ち手として、市場の一時的な需要後退を前提に、売上拡大に向けた取り組みを実施。その詳細について中村社長自らが語る。

上場市場

東証マザーズ

銘柄コード

6096

業種

サービス業

事業内容

英語関連事業