2022年3月期第2四半期決算は、売上高が4,589百万円、営業利益が666百万円、経常利益が690百万円、当期純利益が448百万円で着地。国内外ともに好調も、特に海外子会社の業績が好調で全体の業績を押し上げた。

トピックスとしてコーポレートガバナンスの強化により、新市場区分におけるプライム市場の上場維持基準の達成を目指す。

2022年3月期の通期見通しは、売上高8,750百万円、営業利益1,020百万円、経常利益1,055百万円、当期純利益710百万円と5月発表の業績予想を据え置き、引き続き成長を見込む。

上場市場

東証一部

銘柄コード

3666

業種

情報・通信

事業内容

ERP、コンサルティング 、ソフト・システム開発、ビッグデータ、データ分析・解析