2023年3月期 第1四半期決算は、売上高485百万円、営業利益△401百万円、経常利益△401百万円、親会社株主利益△284百万円で着地。

連結売上高は前期比+9.9%、主力事業であるOfferBoxの売上高成長率は前期比+12.6%とOfferBoxは引き続き伸長も、OfferBox及びPaceBoxへの積極投資により赤字幅は拡大。

2023年3月期 業績見通しとして、連結売上高は前期比+43.5%、うちOfferBox事業は前期比+42.6%の成長。 2023年3月期は、PaceBoxの垂直立ち上げのための投資及びOfferBoxの更なる成長に向けた積極的な投資に加え、 M&Aを含む新たな取り組みも実施していく。これにより、売上高増加も293百万円の営業損失となる見込み。連結営業利益率は、2025年3月期で20.3%を目指す。

上場市場

グロース市場

銘柄コード

4177

業種

情報・通信業

事業内容

新卒ダイレクトリクルーティングサービス「OfferBox」の運営を手掛ける。